離れ離れで暮らす家族との関係

事情があって、いま家族とは離れ離れで暮らしている。
長年ともに暮らし、今でも大切に思い続けている存在だが、離れて暮らしていると、それぞれ属す世界が異なるので、興味のある話題が違ってくる。
こちらがこちらの社会での人間関係に苦しみ、痛みを覚えているのに、会って伝えてもうまくは通じない。
あちらはあちらの社会で生きているので、自分の世界での大変な出来事を滔々と喋り続け、あまり人の話は聞かない。
そもそも関心も持たなくなっている。
本来はあちらもこの社会に属し、切磋琢磨してきたはずなのだが、いま住む社会が人生の全てとなってしまっているのだ。
愛し合う存在であっても、離れて暮らすと段々と心情は遠ざかってしまうもののようだ。
パートの仕事が忙しく、帰りが遅くなってしまったので、夕食を手早く作る必要がありました。夕食はスパゲッティを作ることにし、玉ねぎのみじん切りをしていました。少し焦っていたため、包丁を持つ手が滑って、左手を切ってしまいました。一瞬、ヒヤッとし、「しまった」とも思いましたが、よく見ると辛うじて爪を切っただけで済んでいました。指を切らなくてよかったです。その後は指を切らないように気を付けて包丁を使いましたので、怪我をすることはありませんでした。忙しいときは気が焦ってしまいますが、特に包丁を持っているときは十分に注意しないといけないと思いました。

 

http://xn--zckm4b9g329x63opjg.xyz/