もっとまつげを大切に

まつげには塵や埃が目に入るのを防ぐという重要な役割がありますので、砂漠に住むラクダなどが立派なまつげであるのもうなずけます。

また、眼球を守るためにまつげの先に何かが触れると反射的にまぶたを閉じるようになっています。

まつげの長さの平均は人種によって異なり欧米人では8㎜を超え我々日本人は7㎜にも満たない、その差は1㎜以上もあります。

しかし日本人でも欧米人並みかそれ以上の10㎜ほどの長さの方もいらっしゃるようです。

本数については、まぶたの上が100本以上、下は数十本程度です。

しかし薄い人と濃い人では差が1.5倍にもなります。

上まつげの方が長く多いのは直射日光を防ぐためだと言われています。

まつげの寿命は約3~4か月で季節ごとに着替えているというイメージになります。

まつげを長くさせるためにと、本来ならば皮膚に塗る保湿クリームやリップクリームをまつげに塗られる方がいらっしゃいます。

しかし、これらはまつげのために作られたものではありませんし、油分によって埃などが付着してしまい大切なまつげの役割を損なってしまうこととなり、場合によっては眼球や皮膚の炎症にもつながりかねませんのでやべるべきでしょう。

前述のようにまつげには目を守るという重要や役割がありますので、美容目的で安易にいじったりするのはやめ、優しく育ててあげてください。

モンローウィンク 値段