手汗で日常生活に支障が!原因と対策を知りたくないですか?

手汗がひどいといろいろな悩みが出てきますよね。
人と触れるのに強い抵抗を覚えたり、書類を持っていると濡れて
しまったりして、恥ずかしい思いをした方もいるのではないでしょうか?

そんな手汗の原因は大きく分けて3つあります。

① 自律神経の乱れ
② 汗腺が働かなくなる休眠汗腺
③ 手掌多汗症などの病気

ここでは、自律神経の乱れについて紹介します。

原因1.ストレス・緊張・不安などの精神的要因

おそらく悩んでいる人の多くがこの要因ではないでしょうか?
交感神経が活発になって、手汗が出て、それを気にすれば
気にするほど状態がひどくなりやっかいですね。

原因2.食生活の乱れや生活習慣の乱れ

香辛料や熱い食べ物が交感神経を刺激し発汗します。
ただ、この場合は、意識をすれば改善が期待できます。

原因3.ホルモンバランスの乱れ

主に女性に起こりやすく、ホルモンのバランスが乱れると、
同じ視床下部で処理している自律神経、体温調節機能の
乱れにつながって必要以上に汗をかいてしまいます。

ここで大きな影響を持っている自律神経ですが、その役割は
食べ物を消化する、心臓を動かすなど体の多くの機能を
コントロールしています。

自律神経には、交感神経と副交換神経という正反対の役割を
持つ神経が存在し、主に交感神経だけが活発になる際に
手汗をかいたりするわけです。

テサランフェイス